×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンパンマンミュージアム 子供〜2情報!

アンパンマンミュージアム 子供〜2

カテゴリー :子供

 みなとみらい地区にオープンした「横浜アンパンマンこどもミュージアム」は、「敷地面積約6,800平方メートルに、劇場を併設した3階建てのミュージアム、飲食・物販など22店舗が出店するショッピングモールがあります。子供だけでなく大人もワクワクするアンパンマンワールドを体験できます。

さらにアンパンマンこどもミュージアムには、「アンパンマンヘアサロン」や「ジャムおじさんのパン工場」(ベーカリー&カフェ)もあります。入場料金は1,000円(小学生以下記念品付き、0歳児無料)で、営業時間は10時〜20時(ミュージアムは18時まで)。ショッピングモールの入場は無料になっています。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの一つの目玉はなんと言っも、ショッピングモール・エリアの充実です。ショッピングモール・エリアには、めずらしいアンパンマングッズが勢ぞろいです。横浜アンパンマンこどもミュージアムにしかないグッズと食べ物に子供たちは満足するでしょう。

決まった時間になるとアンパンマンミュージアム「アンパンマン広場」の時計台下にアンパンマンがやってきます。ならべば握手もできるとあって、アンパンマン登場と同時に子供たちがどっと集まってきます。そして、アンパンマンは、スタッフのお姉さんたちと一緒に場内を周回します。

コラム > アンパンマンミュージアム 子供〜2について書かれています。

アンパンマンミュージアム 子供〜3

カテゴリー :子供

2007年4月、横浜みなとみらい地区にオープンした「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。今も、連日多くの子供連れやアンパンマンファンで賑わっています

アンパンマンミュージアムのショッピング・モールで楽しみなのが、子供の大好きなキャラクターがいっぱいのおいしい食べ物です。特にキャラクターそのままの“パン”が食べられる「ジャムおじさんのパン工場」には食べるのがもったいなくなっちゃいそうなほどかわいらしいパンが並んでいます。

厨房がガラス張りになっているので、パン作りの工程を見学することができます。焼いているのは、子供たちが大好きなアンパンマンのキャラクターたちのパン。ふっくら焼きあがったアンパンマンのパンを見ていたら、まるでアニメの中のパン工場さながらの光景です。

ひとつひとつの中身が何なのかも気になります。2階のカフェではオリジナルドリンクも飲めます。天気の良い日には「アンパンマン広場」を見渡せるバルコニー席が気持ち良さそうです。

また、横浜名物の肉まんや、子供に人気のコロッケにもやっぱりアンパンマンのイラスト入り。肉まんは持ち帰りようの保冷バッグもオリジナルのイラスト入りなので、お土産に喜ばれそうです。

コラム > アンパンマンミュージアム 子供〜3 について書かれています。

アンパンマンミュージアム 子供〜4

カテゴリー :子供

 横浜アンパンマンこどもミュージアムのショッピングモールのつきあたり、授乳室の入り口の隣に「横浜子育て情報スポット」があります。ここでは横浜市のママパパの子供の悩みに役立つ情報がたくさん用意されています。

ここには、平日の11:00〜13:00にはスタッフが常駐していて、子育ての悩み相談をはじめ、子供の保育園・幼稚園情報、一時預かり、病時・病後時保育などの情報、市内の子育てスポットや親子で参加できるイベントなども案内してくれます。運営するのは横浜市の助成をうけて活動している子供の子育て支援市民団体「シャーロックホームズ」です。

これらの情報はパンフレットのほか、モニターでも案内されていて、必要なものは無料でプリントアウトしてもらうことができて便利と、リピーターも増えてきているのだそうです。

こういった子育て情報を得るために子供を連れてわざわざ役所に行くというわずらわしさがないのもこの横浜アンパンマンこどもミュージアムが必要とされている要因なのでしょう。子供と一緒に行く近隣のおすすめ観光スポットなど、遠方からの親子にとっても頼もしい情報を気軽に提供してくれます。

また、スタッフ不在の時間帯も、場所が授乳室の隣とあって、豊富に並ぶ子育て情報の資料をもらっていく方も多いそうです。。電話は24時間対応しています。

コラム > アンパンマンミュージアム 子供〜4について書かれています。